続けないことを続けていく

幼い頃から何事も継続することが得意ではない。

注意力も散漫で、集中力も長く続かない。

仕事もいろんなジャンルのお店を転々としていた。

何においても努力なんてした覚えがない。

それに努力というのは結果論で、成果が出てはじめて

ちゃんと努力をしたから、と言える。

何かを始めるのは簡単だけど、継続するのはむずかしい。

でも継続すればいいってものでもない。

合わなかったり、向いてなかったら無理をして

続ける必要はないし、諦めることも大事になってくる。

自分が何を大事にしたいか、何を目的とするのかで

今とるべきアクションが変わってくるし、

それは人それぞれに方法がある。

お店において辞める決断をした理由のひとつとして、

これ以上、成長できる可能性が見えなかったから。

デリバリーをしてみたり、スタッフを使ってみたり、

完全予約制にしてみたけれど、自分が許容できる範囲に

どうしても限界を感じてしまった。

経営が下手くそだと言われたらそれまでだけど、

飽きっぽいだけでしょと言われたらそれまでだけど、

時には人生を清算する機会も、

次のステップに行くためには必要だと思っている。

成功してるような経営者も、失敗をしてる数の方が

多かったりする。イチローでさえ打率は4割。

いかに打席に立つ回数を増やすか、そしてそのサイクルを

早く回すか、量をこなすことで正しさに収斂していく。

続けないことを続けていく。

挑戦を継続するということに意義があると思うんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

最大のミステイク