最大のミステイク

通常営業の最終日にミスをした。

前菜盛り合わせを二つでご予約を受けていたのに、

一つしか用意していなかった。

作りすぎるミスは許せるけど、足りないミスは迷惑になる。

追加で作るにも予約の分しか用意していないし、

他のご予約の準備で対応もままならない。

身動きのとれない焦燥感と悔しさ。

ただひたすらお詫びするしかなかった。

お客様は、いいよ、と言ってくれる。

一生をかけて取り返そうと心に決めた。

提供時間が遅れてしまうことは多々あるけど、

足りないミスは、今まで皆無と言っていいほどない。

感覚でやってる部分も大きいけど、

わりと用意周到な完璧主義でやってきた自負がある。

気を張って時間をかけて何度も確認をする。

だから余計に今回のミスが悔やまれる。

集中力の低下か、思い込みすぎてしまったのか。

モノも料理も信頼も、作るまでに多大な時間がかかり、

なくなってしまうのは、あっという間。

たった一つの望みは信頼関係で、

何かハプニングがあると、良くも悪くも距離は縮まる。

クレームを言う人が優良な顧客に変わっていく、

という話があるように、問題が起きたことで

相手の誠意に触れて関係が続いていく。

もちろん二度と同じことが起こらないように、

しっかり反省しなければいけない。

ミスは成長の起点になりうるから、

したくないことだけど、しないといけないものでもある。

嗚呼、強く記憶に残る出来事が増えてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

習慣を味方に