孤独との戦い

一人でお店をしていると、当然のように一人で

作業している時間が一日の大半を占める。

さらにテイクアウトだから余計に、

お客様と接しているのもわずかな時間。

仕込みをしてる時間も、営業してる時間もほぼ一人。

感情としては寂しくはない、状態としては孤独である。

考え事をしたり、段取りをイメージしたり、

音楽を聴いたり、音声で学びを得たり。

一人は自由ではあるけれど、判断基準が全部自分なので

その分責任も伴うし、どうしても主観的になってしまう。

相手の意見を聞く機会がないため、偏りは生まれやすい。

でも自分に使える時間が多く取れるので、

しっかりとした基準が深く根を張っていく。

楽しいときもあるし、苦しい時もある。

だれかと働けることが羨ましかったりもする。

いい評価の時は、自分だけが全部享受できるから嬉しい。

これからの時期は、特に集中しないといけない。

いつもより準備に時間がかかるので、

お店で過ごす時間も必然的に長くなる。

孤独との戦い。

とにかく高額商品だしお客様の期待も大きいから、

ミスがあってはならないし、いいパフォーマンスで

提供することに全力を注いでいく。

何度も何度もイメージトレーニングはするけど、

怖さや不安が拭えることはない。

体調はもちろん崩せない。

持ってるものすべてを出し切らないといけない。

お客様の期待を上回らないといけない。

そんな緊張感を最大にして、

いよいよ明日からラストスパートの営業が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

習慣を味方に

次の記事

思いを馳せる