間に合うようにできている

この時期、料理を盛り付ける容器や資材をたくさん使う。

年末ゆえ運送業界も大変だろうと思い、

余裕を持って発注したにもかかわらず、

今日必要な分のものが今日到着予定だと聞いていた。

一昨日くらいから、その事情がわかっていて、

何時に到着するのか確認しても、わからないという回答。

こちらも無理を言ってるのはわかっているけど、

未確定要素が多すぎて、ずっと冷や冷やしていた。

そして今はやるべき準備も多くて、

そんなことを考えてる心の余裕もない。

お客様は最後のクリスマス料理を楽しみにしてくれている。

盛り付ける器がないというのは致命的なミスになる。

別の方法として、お昼と夜の予約の間に少し時間の余裕が

あって、京都の実店舗に欲しい商品があるのは

知っていたので、そこに買いに行こうかギリギリまで

悩んでいた。他の準備や盛り付ける時間を考えると、

できれば行きたくないし、ダブった分が無駄になる。

最悪、間に合うように届かなかった時の言い訳を

考えながら、ひたすら作業をしながら祈っていた。

そうしていると、配送業者から電話があって

予約の準備までには到着するというお知らせがあった。

ほっとしてる場合ではないけど、ほっと胸をなでおろす。

実は今回のことに限らず、こういうことがよくある。

望んでそうしてるわけではないけど、

間に合うか間に合わないかのせめぎ合いに、

今までどれだけ神経を使ったことか。

余裕を持って準備しておくというのが得意ではない。

予約のご来店に合わせた料理提供も、爆量の注文も、

いつもギリギリで冷や冷やしながら間に合わせてきた。

できれば無駄な神経は使いたくないけど、

これからもきっと、いろんなことをギリギリに

間に合わせるような人生なんだと思えて仕方ない。

もはや変な自信さえついている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

声のちから

次の記事

つまみ食いからの回想