自然は真空を嫌う

アリストテレスはそう言った。

何もない空間ができると、別の何かが埋めようとすること。

自然界もそうだけど、人間にも再生能力があるように、

細胞レベルでも同じようなことが言える。

つまり揺るぎない世界の真実だと思う。

もう誰もが知っているように、インターネットやSNSの

隆盛で情報がとめどなく溢れている。

ほんとうに自分にとって必要な情報なのかどうかを

見極めないと、無駄に人生を浪費してしまう。

SNSで得られる有益な情報なんてごく僅かなはず。

そうはわかっていても、ついつい見続けてしまうのは、

AIの学習によって個人の趣味がカスタマイズされ、

自分の好みに合った仕様になっていくからでしょうか。

なんだかテック企業に時間を奪われてるような気がしてなら

ない。いや、相手は可処分時間を奪おうと必死のはずだ。

情報はしっかり取捨選択しないと疲弊してしまう。

自分が大事にしているのは、やっぱり有料の情報で、

本やサブスクやオンラインサロンの情報は優先的に、

インプットするようにしている。

有料だと発信する側もパフォーマンスが上がるし、

受信側も能動的に情報を得ようという気持ちになれる。

今こそ無駄な情報は排除して、良質な情報を得て

それが好循環になることが望ましい。

自然は真空を嫌う。捨てた分だけ、それを埋めようと

新しいものが入ってくるから、心配しなくても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

風の時代