継続は実績と自信という力なり

ホームページを作った日から始めた文章が、

なんだかんだと毎日綴って300日目を迎えた。

自分が頭で思っていることに、言葉を当てはめて

書き出すという作業は想像以上にむずかしい。

出来事や事実だけを述べるのは、容易いだろうけど

感情や思考を表現するのは、未だに慣れない。

そもそも毎日書けと誰に言われたわけでもなく、

自分に課したもので、お客様がホームページを訪れたは

いいけど、変化がないとおもしろくないと思ったから。

特に書く技術があるわけではなく、構成力もなく、

結局何が言いたいのかと、往々にして反省している。

でもたとえ稚拙でも毎日書くと自分で決めた。

決めてしまったからには、もう続けるしかない。

ネタにストックがあるわけではなく、ほぼ一日中、

今日は何を書こうかと考えていると、自然と情報に敏感に

なれるし、常にアンテナが張ってるので吸収しやすい。

ある程度の統計データは取れるけど、SNSのように

直接的な反応があるわけではないので、ウケ狙いに寄せな

くていいし、自分の評価軸で自由に書くことができる。

書くことが何も思い浮かばず、何度も諦めかけた。

書き始めてからテーマが見えてくることもあるし、

書いていると言いたいことが変わっていくこともあった。

いずれにせよ、書き続けたことによって思考が整理され

進むべき方向が見えたから、やってよかったと思っている。

それに続けてきた実績は、時間を巻き戻さない限り、

誰にも真似ができないし、今からでは超えられないこと。

そして次の挑戦をするための大きな自信にもなった。

書くという極めて基本的な行為が見せてくれた大きな

効力をひしひしと実感している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

全集中の時