偶然の出会い

毎日同じルーティンで生活していると、

どうしても世界が狭くなってしまう。

ましてや、インターネットの中の情報は、

ありがたいのか、ありがたくないのか、

自分の興味関心に沿うようなコンテンツが表示される。

丸亀でうどんを食べただけなのに、

スマホの中に丸亀のうどんの広告が表示されるのは

なんとなく恐怖すら感じる。

ラジオを聞いたり、テレビや新聞を見ることが少なくなり、

セレンディピティと呼ばれるような、予想外の発見や

偶然に出会うものが、確実に生活から減ってしまった。

テクノロジーの進化で便利になって余ったはずの時間は、

不思議と忙しく消費され、慌ただしい毎日の中で、

効率や生産性が重要視されている現状になっている。

先のルーティンと同じで、似通った情報にばかり

接していると、どうしても偏りが生まれてしまう。

自分の経験上ひらめきやアイデアは

不意に訪れることが多いから、行き詰まった時などは、

あえて予定を入れず何もない時間を過ごしたりする。

やったことないことをやってみるのも効果があって、

何事も行動することが大切だとつくづく思う。

人生の限られた時間をいかにして使うか。

効率ばかりではなく、偶然の出会いにも期待しつつ、

せっかくの力を溜める時間をいただいているので、

未来にきちんと還元できるように今という時間を使いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

主観と客観の翼