主観と客観の翼

お客様にとって本当の喜びは何なのか。

どれだけいち消費者であっても、自分のお店を

客観視することは意外とむずかしい。

自分が思っている自分と、

周りから見えている自分はズレていたりするもの。

主観と客観のバランスをどう取るか。

一人でやっているとなおさら主観に寄りがちになる。

単発で営業するなんて、受け入れてもらえるのだろうか。

チゲに恵方巻、もはや何のお店かわからない。

主観かもしれないけど、それでも大事にしたいのは、

個人の信用を貯めること。

これからの時代、大企業でさえ不安定な世の中、

YouTubeが台頭しているように、個人の信用が

ますます有利になってくるのは間違いない。

誰かや何かに依存していては、共倒れのリスクが大きい。

何も広くなくていい、狭く深く届けることが、

大事なんだと思えるようになってきた。

それも主観的な考え方かもしれないけど、

どんなことも新しいことを受け入れてもらうには、

少人数から始まるということを念頭において、

活動していくことにしよう。

そもそもみんなと同じような行動をするのが苦手で、

いつも群れからは外れていた。

時代も個人が生きやすいように、味方をしてくれている。

主観と客観のバランスをとりながら、

その追い風にうまく乗れるように努力をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

偶然の出会い

次の記事

技術より愛