高級すぎるお店

予約が数ヶ月先まで取れないような、

高級で人気のレストラン的なお店に違和感を覚える。

一人3万円以上とかになると、もう異次元の世界。

ごくごく限られた人しか堪能できない領域。

死ぬまでに一度くらいは体験してみたいけど。

例えば3万円の料理が、1000円の料理の30倍

味が美味しいわけでは、もちろんない。

空間やサービス、インテリアに希少な食材、

非日常な体験に価値が生まれている。

そういったお店は、量産ができないので、

席数も少なく、予約がすぐ埋まってしまうから、

予約取れないイコール人気、というカラクリとも言える。

高級なお店は、ターゲットが絞られているので、

一定数のお客様さえついてしまえば、

十分にやっていけるマーケットではある。

それに何かしらの記念日には、普段行かないような

ちょっといいお店で特別な思い出を作りたくなるのが、

人間の心理というものだろう。

それほどに特別な食における体験は、同じ予約が取れない

でも人気歌手のコンサートのように、たくさんの人には

届きづらい希少なシステムの中にあるので、

ある意味その価値の尊さは、まだまだ眠っていて、

広く伝えれる余地があるような気がしている。

それにしてもあまりにも予約が取りづらくて、

なかなか行けないというのは、どこか不備を感じてしまう。

なんとかならないものなのか。

お店を完全予約制にした口が言うのもなんですが。

だからこそわかることでもありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA