進んでいる実感を持つこと

お店を閉店してから数日経ち、

何にも縛られることなく自由になったはいいけど、

間近に締め切りが迫っていたり、制約がないことには

人間どうしても気がゆるくなってしまうもの。

次の準備のために、前に進んでる実感はあるものの、

行動に対する手触り感が、明確な形として現れないから、

時々不安はどうしても襲ってくる。

かろうじて前向きに作業はできているけど、

がんばればもっとできるような気がしている。

自分を律するほど難しいものはない。

それでも何か自分にとって大切なものを探し求めるには、

ある程度まとまった時間が必要になってくる。

何かの技術を身につけるためだったり、

何かを学ぶためだったり、

目的を達成するための準備をする時間が。

例えば、ある島に財宝があるとして、

その財宝にたどり着くためには、

いろんな場所を探さなければいけない。

何も見つからない日の方が多いだろう。

でも何もないということがわかっただけで、

財宝の見つかる確率は少し上がることになる。

そんな風にして、毎日が決して無駄ではなく

少しずつでも目的に近づいてると思えれば、

がんばれる気がする。

そう思わないとやってられない。

目的があるだけありがたい。

時間のあることがありがたい。

しっかり今を活かしきらないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

考える時間をつくる

次の記事

分からないおもしろさ