心を失わないために

人間は社会に存在してる限り、どうしても

周りと比べたり、評価したり、あれこれ詮索したりと

無意識的にしてしまうもの。

インターネットでつながることが容易になったので、

より余計な情報が可視化されている現状。

羨望や憧れがいいモチベーションになればいいけど、

節度のある状態を保つのが難しい。

いいとか悪いとか、好きとか嫌いとか、

そう判断したところで、自分の状況がすぐに

変わるわけではないから、ただの妄想に過ぎないし、

そもそも合理的ではない。上には上がいて、

それらの欲を満たすことは極めて難しいから。

だから頭を悩ましてる時間がもったいない。

なんて偉そうに言える立場ではない。

ついつい負の思考サイクルに頻繁に捉われてしまう。

一つの原因としては人間だけが持つ承認欲だろう。

誰だって認められたいし、褒められたいし、愛されたい。

すべての悩みがここにあるのではと思えるくらいに。

ありすぎても他者に優越感やプライドを与えるし、

なさすぎては負い目や劣等感につながっていく。

そこにあるものを、あると認識するだけにとどめておく。

要するに、事象に反応しすぎない方がいい。

無常観、人の心は常に何かを求めつづけ、

渇きつづけて移ろい消えていくもの。

心とはそういうものだと肯定すると少し楽になる。

知ること、確認すること、理解すること。

何よりも自分が納得できることを基準として、

自分が目指すべき目的に集中してあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

努力について

次の記事

時間を味わう