好きのデザイン

好きを言葉で説明するのはむずかしい。

なんとなく、曖昧で直感的なもの。

いろんな感情のレイヤーが重なっている。

人間の感情は、論理や数字では計れない。

芸能人が好き、アーティストが好きは、

メディアを通して触れる機会が多いので、

本当の素性はわからないのに、

お芝居や音楽、文学やアートなどの作品を介して

好きになり、ファンになっていく。

今はSNSで有名人との距離も近くなってるので、

さらに好きの強度が深くなっている気がする。

飲食店はどうだろう。

確かに数が多いし、食べる行為は日常的なので、

なかなか記憶に定着しづらいかもしれない。

さらに今は目新しさや見栄えを追いかけて、

好きになる前に情報だけを食べている状況。

社会がそういう仕組みになっているので、

もちろん否定しているわけではありません。

行きつけのお店であったり、

何かの記念日には必ず利用するお店は、

きっと言語化できない好きが生まれている。

小さいお店は、この点においてとても有利だ。

ひとつお客様を好きにさせる道を設計できる

可能性があるとするならば、触れる期間を増やし

内側を知り、唯一無二の情報を知る機会を作ること。

チェーン店や複数のお店を展開しているところは、

マスをターゲットにしているから、どうしても

表現する内容が中庸なものになってしまうけど、

小さいお店は、もっとありのままの気持ちを表現すれば、

そこにファンがつき、好きに深さが生まれる可能性を

秘めているはずで、そのことにお店もお客様も

もっと気づけば、応援や感謝のいい循環が

生まれるのではないかという希望が強くあります。

現場にしかない生の声は、一次情報であり

だれにも真似のできない貴重な物語であり財産にもなる。

それを少しずつ拾い集めていくという旅の始まりです。

だって正しさよりも好きという感情の方が強いから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA