何度も食べてこそ

様々な創作物はなんでもそうだけど、

一度体験しただけでは、見えないことがたくさんある。

繰り返し体験することで次第にわかってくる

深みや、味わいや、奥行き。

魅惑的な嗜好品が溢れている現代社会においては、

いろんなサービスの可処分時間の奪い合いで、

なにか物事に浸る、没頭するという時間が、

なかなかとりづらくなってきているように感じる。

食べると言う行為は日常生活に欠かせない。

一日のうちに必ずある食べると言う時間を、

楽しむことができたらとても効率がよく

有意義なことではないだろうか。

疎かになりがちな食べる時間を充実させることで、

心の豊かさを取り戻せるのではないだろうか。

今はお店も情報も溢れていて、

一回食べに行って終わりということもしばしば。

回数を重ねてみてはじめてわかる醍醐味があるのに、

それを知らないで見過ごすのはとてももったいなと思う。

たしかな情報のわかる場所がほしい。

それを作るために今動いているけど、

表現って考えれば考えるほどにむずかしい。

お客様に楽しんでもらいたいという情熱のあるお店は、

一概に言えないけど、自分で思いを持って立ち上げて

経営している小さなお店の方が多いように思います。

それぞれのお店に個性があるし、

自分と相性の合わないこともたまにあるけど、

誰に忖度するわけでもなく、

時間で労働しているわけでもなく、

お店を営んでいるその姿は、

曇りのない美しさが宿っているように思う。

ひとつのお店としっかり向き合うには、

どうしても時間がかかってしまう。

お店とお客様の関係も同じで、

何度か通い、何度も食べて、時間をかけてこそ

深まっていく信頼性は、きっと人生を豊かにしてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

美味しさの伝え方