まだいけるはず

雨は人を憂鬱にさせる。

中には雨が好きな人はいると思うけど、

天候の良し悪しが人の行動に与える影響は大きい。

一般的に雨や真夏や真冬になると、

飲食業界は客足が遠のいてしまうケースが多い。

この不確実な時代に、昔から天候に左右されるような

そもそもが不確実な業種であったのだと、

つくづく思ってしまった。

ウイルスしかり、これから確実にやってくる

人口減少、気候変動、健康に向かう意識、

飲食業界にとってはどれも不利な要素でしかない。

食材の生産者だけではなく、資材や厨房機器、

そこから派生する産業にも影響は及んでしまう。

先を思うと、つくづく考えさせられる。

だからといって嘆いてばかりでいては、

心が病んでしまうし、誰かのせいにして、

悪循環が生まれてしまうことになりかねない。

地球がおかしくなっているのは、

もとをたどれば人間のエゴが引き起こしたもの。

自然を壊していくことで眠っているウイルスを起こし、

豊かさと将来への不安が、子供を作る必要性をなくし、

畜産から生まれるメタンガスは、自動車産業よりも

多くの環境破壊を引き起こしている。

手遅れには違いないけど、現実を知り意識するだけでも

人生の質は上がるような気がしてならない。

不安要素がたっぷりと待ち受けてる中で、

飲食業界は何ができるのだろうか。

きっと常識に縛られていては何も変わらない。

大きな価値転倒をして、新しい意味を与えれば

可能性があるような気はしている。

それが何かはまだわからないけど。

異国の文化を混ぜ合わせて、ハイブリッドな自国文化を

築いてきた日本人はそういうのが得意なはず。

個人的に、まだまだ未来は捨てたもんじゃないと、

なんとなく希望を抱いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA