基本は時間がつくる

つくづく思う、基本が大事だと。

当たり前のことを言ってみる。

おそらく料理を美味しく作れるのも、

基本ができているからだと思える。

調理師の専門学校に一年通った。

先生が理不尽に偉そうで、

講義も実習も楽しくなかった。

教えてあげてる感がひどい。

よくさぼって遊んでいたっけ。

バイトで料理をしてる方が楽しかった。

時代はよくなり、動画などでも

楽しく学べる機会が増えたから、

学校に行く必要すらなくなってきてる。

でも、楽しいことばかりでも

いいのかなという疑問もある。

学校と呼ばれる場所は勉強とセット。

勉強は暗記でしかなかったので、

おもしろくなかったし、できなかったけど、

基本という土台作りには、

一役買っていたのではないのだろうか。

同じことを何度も繰り返す。

おもしろくないことだけど、

土台作りには繰り返しがきっと必要なんだ。

読んだり、書いたり、計算したり。

できない人が増えているような印象を受ける。

進化かは人を楽にさせる。

すぐに検索できる環境、覚えようとしない。

楽しく学べる環境、文脈を理解しない。

学校はいらないとも言われているけど、

効率ばかりを求めるのではなくて、

基本を身につけるには、非効率で無駄なように

思える繰り返しこそが重要な気がする。

料理だって同じで、レシピや方法や技術は

簡単にインターネットの中にあるけど、

繰り返した経験は時間をかけてでしか身につかない。

無駄に思える時間も将来に活きることがある。

今過ごしてる時間が、未来の役に立っているかどうか、

認識するだけでも未来を変えれそうな気がする。

基本ができていることで選択肢も広がる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

まだいけるはず