思う時間

ようやくレシピ本の到着が間近となり、

郵送のための宛名書きの準備を進めています。

住所を書く、名前を書く、メッセージを書く、

普段の生活の中で字を書く、と言う作業が

すっかりなくなってしまったことに気づかされます。

メール、音声、動画などコミニケーションツールは、

どんどん速さを極めていきます。

紙に字を書く作業は、とても効率が悪いです。

でも想像力が豊かな人ならば、

相手が自分のために使ってくれた時間を想像すると、

メールよりもうれしいものです。

かけてくれた時間が優しさに比例するかもしれません。

知らない土地の住所を書いていると、こんなところに

住んでいるんだと空想する時間にもなります。

漢字が多いなとか、Googleマップで調べたり。

余計に時間がかかります。

(Googleの便利は利用します。) 

初めて書く名前、その人に合ったメッセージ、

書くことでしか伝わらない何かがあるような気がします。

でもそれは絶対ではなくて、根拠もないので、

何を優先するのかは人それぞれ。

どの便利を選ぶか、どの不便を選ぶか、

自分がどこに納得がいくのかを探りながら、

選んでいけばいいと思います。

長い時間軸で考えると、

今見えている効率や非効率は点でしかなく、

効率や生産性の高いことが必ずしも正解とは限りません。

ゆっくり進むことでしか見えない景色はあるはずです。

思いを馳せた時間はきっと後になって生きてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

そもそもみんな違う

次の記事

よく観察する