生まれた感情にありがとう

生きることや死ぬことに意味を見出そうとするのは、

当然人間だけができること。

勝手に言葉を作って、勝手に言葉に当てはめて、

勝手に言葉にしばられて、必死で答えを探そうとする。

他の動物からしたら、

そんなに悩んでないでもっと楽に生きればいいのに、

と思っているに違いない。

いつ死んでしまうかわからないから、

今だけを見て楽しく生きようなんて言うけれど、

死んだことがないからいまいちわからない。

でもそのシンプルなのに、行うことがむずかしいのは、

人間社会が複雑に入り組んでいるからこそ。

概念や言葉に感情を寄せることで、

心配や不安は余計に身近なものになり、

挑戦や行動を抑制させてしまう。

でも概念や言葉を作ったからこそ、

統率がとれるようになったし文明や文化を築けてきた。

生命としての死は宇宙の循環の一部に過ぎないけど、

一人の人間の死としては、生きている間に

形成されてきた周りとの関係性から成立するもの。

記憶を反芻し、慈しみや悲しみを実感できる。

そしてその機会にたくさん触れ、

得た経験が自分の中に蓄積していくことで、

成長を感じ、さらによりよく生きれるようになる。

祖母が亡くなった。

無償の愛は本当に尊い。

きっと何かを教えてくれている。

まだうまく言語化はできないけど、

意思が受け継がれていくということは、

今に始まったことではなく、

長い長い時間をかけて培ってきた人類の歴史の賜物。

その一番先に存在できていることが有難い。

少なくても誰かは誰かに意識していないところで、

何かしらの影響は与えている。

自分がいなくなった後、誰に何を残せるのだろう。

そろそろ考え始めてもいいかもしれない。

死に直面したことで生まれた感情を大切にしよう。

ひとまず人間に生まれてよかったと思えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

つづきのある会話