姿勢と結果

何事においても結果を出さないといけない世の中。

そういう社会の中に生きている。

学校の成績、受験、就職、資格、何かの賞、売上。

結果を出すことが目的となってることで、

努力をしてがんばれるし、成長もできる。

でもそれらを到達したら終わり、にしてしまうと、

もったいないような気もする。

いい大学に入って終わり、いい会社に就職して終わり。

それが見栄に起因してると余計に厄介で、

自分のためではなく周りから評価されることが、

目的になってしまっている。

それはほとんどが数字で表せる価値で、

他者が判断しやすいようにできています。

不確定要素がたくさんあるこれからの時代において、

結果の価値もきっと変動していくので、

その先にある目的がとても重要だと感じています。

こういう世の中にしたいから、

この大学に行って、この会社に就職するや、

伝えたいことがあるから、この職業が適しているとか、

そういうことが意外と自分で気づけていなかったり。

例えば自分は、料理やお店を通して

相手によろこんでもらえることを重視しているし、

究極はそれが料理でなくてもよかったのかもと思える。

相手によろこんでもらえることは数字では計れない。

だから評価もされづらいし、終わりがないし、

行為そのものが充足感につながっている。

つまり、取り組んでいる姿勢こそが大事で、

自分にしかわからない領域でもある。

子供の運動会で結果はどうであれ、

一生懸命がんばってる姿勢に感動したり、

大学受験で落ちたとしても、

努力した軌跡こそが美しかったりする。

アルデンテが美味しいのではなく

アルデンテに仕上げようとする姿勢が、

アルデンテを美味しくさせていたり。

心が持続的に動くのは結果よりも、

何か物事に取り組んだ姿勢の方にあるのでは。

そしてそれは今すぐ作れるものだったりする。

だって自分の中にしか生まれないものだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

つづきのある会話

次の記事

解放されている解釈