説明できない

物事をジャンルやカテゴリーで分類するのは、

わかりやすく説明できるようにするため。

飲食業界の中の飲食店であり、

その中のパスタ屋さんと言ったところ。

ところが今に始まったことではないけど、

クリスマスも御節も恵方巻もカレーもしてきた。

最近では和のお弁当に、ちらし寿司。

もはや何屋さんなのか言葉で説明できない域にきてる。

よく知ってくれてるお客様はいいけど、

初めて知る人には、もしかしたら倦厭されるかもしれない。

でも、これはこれでおもしろいなあと思っていて、

小さいからこそできることだし、

今までの実績が評価されていることでもあるし、

何よりお客様が次は何だろうと

楽しみにしてくれているのが、本当にありがたい。

もしかしたら数年後には、何屋さんかわからないお店が

溢れているのではないかと予想すらしている。

美術館で企画展が行われるように、

料理というカテゴリーの中、企画というニュアンスで、

提供されるものが変わっていくように。

賛否両論はあるかもしれない、

都合がいいと言われるかもしれない、

でも、サービスの本質は相手に喜んでもらうこと。

状況が状況なだけに、

テイクアウトでしかご利用いただけない人、

あえて日にちを指定することで、

ご来店のきっかけになっている人、

少なからずお客様のお役に立てている実感が持てる。

それに普段営業しているだけでは会えない人にも会える。

どこまでできるかは今のところわからないけど、

何か新しいことを始めることでしか得られない学びが、

そこにあることがおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

穏やかにつくる

次の記事

時代の転換点