いいものは自然とめぐり合う

情報の多さに疲れている人をよく見かける。

人間の処理能力なんてたかが知れてる。

上手に選択して必要のないことは捨てていかないと、

本当に大切なことさえ見失いかねない。

すごくたくさんの人をフォローしていたり、

スケジュールを詰め込んでいる人を見ると、

どうやって数をこなしているのか不思議で仕方ない。

そして逆に生産性が悪いような気もする。

どこかに隙間や余白を作ってあげないと、

新しい情報の入るスペースがなくなってしまうから。

こんな時代だからこそ情報収集を最適にする方法は、

積極的に情報収集をしないことだと思っています。

本当に大事な情報は、意識しなくても自然と耳に入る。

目的のない買い物をしていても、

偶然めぐり合った感、自然と惹かれるあの感覚。

情報においてもそんな出会いを大切にしたい。

今、いろんないいお店を探すことを別でしていてるけど、

矛盾しているようだが、

雑誌を見たり、インターネットを漁ったり、

決して無理をして探していない。

信頼できるお客様にそれとなくヒアリングしていると、

自分が必要としている情報が自然と入ってくるし、

その先々で点と点が線となって繋がったりする。

どんどん派生していった先に前から知ってる人がいたり。

総じて「ご縁」という言葉に集約されるのかもしれない。

人と人の間にご縁があるように、

人と情報の間にもご縁がある。

情報や予定をぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、

大事なことが目の前を通り過ぎても、

気づけない感度になってしまうので、

まずは余白を作ることが何よりも大切だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

両立の考え方

次の記事

料理が冷めないように