振り返り

やっぱりテイクアウトの反響は大きい。

お客様から求められていることと、

自分のやりたいことの乖離は悩ましい問題だ。

そう思い続けてきたけど、

なんとなく両方の大切なところが、

中和してきてるような気もする。

今回のちらし寿司に関しては、

テイクアウトもイートインも同時にやるという試み。

お寿司は冷めても美味しく食べれるという点において、

気負いすることなく作ることができたので、

オープン前に仕上げることが可能になった。

本来なら温かいものは温かいうちに

食べてほしいこだわりが邪魔をしてしまうから。

1日の数量限定もやりやすかった。

数の上限が決まってることで、計算がしやすくなり

作業にかかる時間配分も慣れると見えてくる。

でも予約制になってしまうことが、

お客様のひと手間を奪ってしまう。

いろんな事情で予定の立てれない人がいるし、

入力も正直めんどくさだろうと想像する。

どこかで妥協点を見つけながらも最善を尽くした結果、

今回のテイクアウトとイートインの同時進行は

料理の内容によるけど可能性はありそうだ。

そんなことが言えるのは、

ひとえに予約をしてくれるお客様のおかげでもあり、

パスタ屋なのにちらし寿司を売ってるという、

やってることへの深い理解でもある。

綿密に計画したわけではないけど、

テイクアウトを長くやってきたことが、

いい形で伏線になっている。

先の目標のために今何をすべきかを考えるというよりも、

過去にしてきた経験をどうすれば未来に活かせるのか、

資源を有効活用する方がきっと思考もエコでいられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

演出の役割

次の記事

他者を理解する