他者を理解する

人の悩みはほぼ人間関係だと言われてるくらい、

良好な関係を築くのは容易ではない。

個人的にもいろんな失敗をしてきたし、

未だにうまくできてる自信がさらさらない。

人格形成は幼い頃の環境で、

ある程度出来上がってしまうものだし、

大きくなるにつれて自分を変えるのは、

むずかしくなってくる。

自分を変えようと思ったら、よく

住む場所、働く場所、付き合う人を変えようと言われる。

つまり環境を変えるということで、

それは自分で意識的に動かないと何も始まらない。

それくらい人は環境の影響を大いに受けていて、

どの場所に生まれるか、誰に育てられるかで

ほぼ人間が決まってしまう。

自分をつくっているもの、何を基準として世界を見てるか、

偏見や思い込み、馴染んだ文化や価値観、

人生は自らが選択しているようで、

意外と決められているような気もする。

だから人と人の衝突は相容れない問題だし、

本当に無理なら逃げたり閉じたりするしかない。

簡単には逃げられない親子関係は一番厄介だけど。

でも選ぶ権利は自分にある。

変われる可能性も自分にある。

相手を変えようと思うのはおこがましい。

過去には、相手のためを思ってとった行動が

裏目にでることがほとんどだったと振り返る。

人は少なからず誰しも自分が世界の中心にあって、

時に自分の世界観を相手に押しつけてしまったり、

優しさを振る舞うのも自分の利益のためだったりする。

よく思われたい、評価されたい、認められたい。

差別などの社会問題も、人が作られる特性や、

凝り固まった思い込みや、生まれ落ちた環境に

よって支配されてるに過ぎないと思うと、

本当は誰も悪くないし、誰のせいでもないのかも。

うまくまとまった気がしないけど、

よりよい世界になれる可能性があるとするならば、

人が環境によって作られていることを知り、

仕方ないものだという俯瞰的な視点で世界を捉え、

他者を理解したいという姿勢で、

他者に伝えようとすることが大事だと思えた。

きっと他者を理解した先に自分への理解がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

振り返り

次の記事

あいだにある気配