知れば知るほど

フードロス、ヴィーガン、エシカル消費、コロナ禍、

食の社会問題について知れば知るほど、

世の中には、あまり食べることが好ましくない

食品で溢れていることに気づく。

スーパー、コンビニ、ファーストフード、チェーン店、

たくさんの人が利用してるであろうお店で買うことが

少なくなってきたのは、つい最近のこと。

それまでは量は多くないにせよ、

普通に何も考えずにそれらでお腹を満たしていた。

いろんなことを学んでいくうちに、

徐々に手が伸びることを自然と控えるようになった。

おそらく一度達してしまった境地だと、

もうあの頃には戻れないような気がする。

ジュースをたくさん飲んだり、

ハンバーガーとポテトを食べたりしたあの頃に。

完全菜食主義とかではないので、

ストレスのない程度にいろんなものを食べるけど、

おそらく世に出てるほとんどの商品が

食べないにこしたことがないくらい、

身体にも地球にもよくないもので溢れている。

歳を重ねたから健康に気を使うようになったのも

あるだろうけど、あらためて食べるもので

身体が作られているのだと再認識できるようになった。

その時は気づかないけど、蓄積されたものが

未来の健康を脅かす可能性は十分にある。

実際に現在は糖尿病や肥満が増えているという事実よ。

脳は甘いものや脂っぽいものを欲しがってよろこぶ。

その中毒性はストレス社会が引き起こしてるとも言える。

ストレス社会は自国の経済状況に起因してるかもしれない。

様々な因子が複雑に連鎖して、いろんな負の社会問題を

引き起こしてるけど、自分の力で変えれるとしたら、

身近にある食事を正しい知識で摂ることくらい。

自分が食べる分には気をつけれるけど、

困ったことには飲食店をしているだけに、

身体によくないものをお客様に提供していいのか、

という葛藤が生まれ始めていることに気づく。

だからと言って菜食のお店に変える、という話でもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

受信力

次の記事

リアルな現実