やってみないとわからない

人は何かしらの組織に属していることが多い。

家族や会社やその他のコミュニティ。

自分でお店をする前は当然のように会社に勤めていた。

聞き分けの悪い人材であったと自己認識している。

方向性に納得のいかないことも多かったし、

自分らしさを押し殺してまで組織の中で

うまく振る舞うことができなかった。

自分で選んだ道とはいえ、何かに属していることで

どうしても誰かのせいや何かのせいにしやすくなる。

不満や思うようにいかない矛先が対象物に向いてしまう。

負の感情が頭を占領しだすと悪循環になりかねない。

自立と依存の線引きはとてもむずかしい。

そして親だけは自分で選べない。

独立起業して自分の裁量で何でも決めれるようになった。

会社員時代にもっとこうしたらいいとか、

ああしたらいいとか思ってたことを自由にできる。

ところが世の中はそんなに甘くない。

失敗に法則はあるけど、成功に法則はない。

能力以上に、場所や市場や時代の因子によって

絶え間なく当たりは変わっていくから。

それにもう誰のせいにもできない。

すべての責任が自分にある。

自分でとった行動がそのまま自分の糧になる。

うまくいったことも、うまくいかなかったことも。

結局、会社の中でいくら正しさを吠えていても、

自分で体験してみないことにはわからない。

で、昔の自分にこんなことを言ってもわからないのだ。

行動や挑戦は人を成長させてくれるけど、

やっぱりたくさんの勇気がいることもよくわかる。

それに全員が全員行動しても世の秩序は乱れるに違いない。

世界はいいバランスでできている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

小売の未来

次の記事

有機について思うこと