学びもタイミング

どれだけ想いを込めて熱く語ったとしても、

相手側に受け取る感性が備わってないと何も響かない。

どれだけ優秀な先生が授業をしても、

学ぼうという姿勢がないと内容は入ってこない。

失恋ソングが失恋した人に深くささるように。

自発性を育てるのは難しい。

本人自身が気づかないといけないから。

学校に行きなさいや、宿題をしなさいが通用していたのは

昭和の時代背景があったからこそ。

昔は学校や参考書にしかなかった知識が、

無料でインターネットに溢れている。

どの情報を選ぶかにセンスはいるけど、

誰かに与えられなくても、自分次第でいくらでも

上質な学びの機会にアクセスできるようになった。

これはインターネットがもたらした恩恵だと思う。

でも反対に学ぼうという姿勢のある人と、

そうでない人の差は必然的に大きく開いていく。

情報の受け取り方次第では、協調性などはさておき、

学校に行かなくても十分に社会で活躍できる時代になった。

 

どうしたら自分自身で学びの大切さに気づけるか。

何か大きな出来事がきっかけになることはあると思う。

悲しいことや、辛いことや、苦しいこと、

負の感情は時にその後を飛躍させるきっかけになりうる。

幼い頃からの教育環境や習慣による影響も大きいと思う。

これに関しては、親の教養と意識が左右するから

自分ではコントロールできない範囲かもしれない。

 

何気ない日常の中で、自分の誕生日の数字の並びが

目についてしまうように、学びも今この情報が必要だと

意識するだけで勝手に入ってきたりすることがある。

いい情報とタイミングよく出会うためにも

意識して受け取る受け皿を広げておくことも大事だ。

これからの時代を生き抜いていく上で、

自発性はとても大切な要素だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA