広告に対する違和感

どこもかしこも広告で溢れていることに違和感しかない。

テレビ、雑誌、WEBメディア、YouTube、SNSなど。

広告ビジネスはよくできている。

どんなビジネスもまずは知ってもらわないと始まらない。

とはいえ、適切な場所に適切なタイミングで

広告を出さないと悪い印象を与えてしまいかねない。

それほどに今の広告は、しつこいものが多くて

嫌悪感すら抱いてしまうのはぼくだけでしょうか。

有名タレントがどれだけいい感じで宣伝してようが、

案件であるカラクリが見えてしまってる以上、

この開かれたネット社会で心を動かす人は、

どれだけいるのだろう。

ネット上では、たくみにクリックを扇動するような

動いてる広告や、閉じるボタンがどこにあるか

わからないような広告の数々。

研究し尽くされた人間の行動心理をうまく利用して、

購買意欲を掻き立て、なんとかして認知させようと

奮起してる様には違和感しか感じない。

AIでパーソナライズされたおすすめに誘導され、

ついつい滞在時間を長くして、貴重な人生の時間を

これでもかと奪ってくる米大手企業たち。

今までは利害関係のうまく噛み合ったシステムだったけど、

有名タレントが嘘のおすすめをしてるように、

しつこすぎる広告に嫌悪を感じるように、

課金すれば広告が非表示されるように、

広告の本質が変わってきてる気がする。

認知に集客に売上に競争に成長に。

これだけ地球が悲鳴を上げているのに、

どこまで人間は進歩しようとしてるのか。

心の在り方に幸せを見つけることができたら、

そんなに必死にがんばらなくても生きていけるくらい

世界全体の生活の豊かさの水準は上がっている。

人間の欲はどこまでも果てしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

思想は時を超える