タイミングがすべて

たまにテイクアウト企画をしているけど、

期間や数量を限定してしまうと、

予約のタイミングってむずかしいなと思ってしまう。

みんな忙しい中で予定を立てるのはめんどくさいし、

予定がわからないから決めれない間に、

売り切れになってしまうこともあるから。

受け取りの時間もきっちり決めてくれているので、

その労力を考えるとありがたい気持ちでいっぱいになる。

こちらも店内営業と同時進行なので、

たくさん作れないから仕方ないのだけど、

あまり集客を狙って限定にしてると思われるのも、

なんとなくムズムズする。

おそらくいつ行っても買えるという状態だと、

人はなかなか動くきっかけにならない。

かといって、これ以上作れる数量を増やしても、

全部の予約は埋まらないような気がする。

いろんな企画をやってみることで、違いがわかり

考えるきっかけになるからおもしろい。

当然、時代的にもお店的にもテイクアウト料理を

求められているのはわかっているけど、

前のようなスタイルに戻ることはできない。

性格やこだわりを考えるとビジネス的には

向いていないとわかってしまったから。

でも、少しやり方を工夫すれば、

新しいスタイルを築けるような気もしてるけど、

まだまだその答えは見つかっていない。

幸いコロナの現状もあって、食に対するお客様の

理解や寛容さが見受けられるのは追い風にもなる。

何が正解なのかはわからないけど、

自分のやりやすいポジションを見つけれたらと思う。

そんな心の準備や、この時代に存在してる意味や、

求められていることと自分のやりたいこと、

うまく合致する時が来たら万々歳だけど、

その時が来ない時もあってそれはそれでいい。

常に人は出会いも別れも喜怒哀楽も、

タイミングが重なった頂点に立っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

作ってもらう料理