心の健康

会社と呼ばれる組織を辞めてから5年以上が経ち、

個人事業主として長く過ごしていると、

もう以前のように時間を拘束されて、

指示を受けるような世界には戻れないよなと思う。

誰にとっても自分の裁量で物事を決断できることは、

心の健康と密接に関わっているはず。

一度、その心地よさを体感すると

なかなか戻りにくいのが人間の性質なんだろう。

お金周りでも同じようなことが言える。

生活水準が上がっていくと下げることは難しい。

見栄や体裁が絡んでくるから。

たくさん稼いでた人が人生に失敗して、

その差を埋めれず死を選ぶことが多いと聞く。

日本は極めてセーフティーネットが

しっかりしているにも関わらず。

どこまでいっても心の問題は人間にとって

もっとも慎重に扱わないといけない部分だ。

なのに、世の中は便利で快適になっているかたわら、

うつやストレスが多い社会になってきている。

自分の人生にとって大事にしたい価値観が何か。

お金なのか、時間なのか、心なのか。

モノやお金で満たされている今、

若い世代の価値観が承認欲求や自己実現に

向かっていることは確かで、

つまりは心の健康が大事であると

理解し始めてるのではないのだろうか。

もうそこしか未開の部分がないこともあるけど。

でも恐らく全人類の心が平和になれるような

ユートピアな世界は存在しない。

国家や宗教や文化に違いがあることで、

きっと争いがなくなることは永遠にない。

できることは、せめて自分や周りの人たちの

心が健康であってほしいなと願う。

そんな小さなことしかできないけど、

すべての物事の始まりは小さいことから始まるのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

アイデア勝負

次の記事

休日という概念