違いを知る

いずれは静かなところで暮らせたらなんて思ったりもする

けれど、都会の便利な生活に慣れてしまってるから、そん

な場所にほんとに行けるのかと懸念する。

どこでも仕事ができるような時代が来ていて、地方移住も

盛んに推奨されるようになり、また意識も向かっている。

人とのつながりが大切、助け合って生きていこうなんて

よく聞くけれど、地方独特の過干渉もなんとなくめんどく

さいなと思ってしまう。

都会は都会で隣人との関わりがなさすぎるけど、その距離

感の心地よさみたいなものは人それぞれ違うでしょう。

地方と都会の二項対立で考えるのもよくないけど。

生まれた場所に愛着はないし、住む場所に執着もないし、

どこでも行こうと思ったら行けるけど、導かれるような

感覚は未だ感じたことがない。

住む場所を変えるって勇気がいる。

実際に住んでみないとわからないことがあるし、合わない

からといってころころ変えるのもコストばかりかかる。

それぞれの野菜が美味しく育つ土壌があるように、人もそ

れぞれの特性が活かされるような場所があると思っている。

自分はどの場所が適しているのだろう。

ここではないような気がしてるのはたしかだ。

今まであまり外の世界を知らずに生きてきたので、

一歩踏み出してみると刺激がたくさんあっておもしろい。

人の数だけ考え方は多様だし、正解なんて存在しないこと

もわかる。

そこにあるのは時代が生んだ社会システムと環境があるだ

けで、誰のせいでもないし誰も悪くない。

気づけるか気づけないかの差だけなのかもしれない。

違いを認識してはじめて自分の今の立ち位置を認識できる。

違う世界を覗くことの大切さを痛感した旅だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

料理でつながる不思議

次の記事

ひと手間の瑣事