さらに見えない敵

先の見えない自粛が続くことによって、感染の恐怖以上に
精神的な負担を抱えてしまうケースが出てきている。
やりきれなく行き場のない感情が負の連鎖を生み、
現実に、海外では心を病んでしまう人が増え、家庭内暴力が増えているという。
まだまだ未知の世界ですが、最低限の活動ができるガイドラインみたいなものの
作成を一刻も早く願う一方で、国や誰かのせいにするばかりではなく
個人が自己責任の範囲で、精神面でのバランスをとれるようにしないといけない。
ネガティブな心との距離をとることと、ストレスの換気も必要だ。

このことを考える上で、エンターテイメントがもたらす役割や、
人が集まっている安心感が、うまくバランスをとっていたのだと気づかされる。
影響を大きく受けている外食産業も苦しい状況であることから、
ただお腹を満たし味わうだけの食事ではなくて、
人と人が会い、集まって語らい、同じ空間や時間を共有することで
得られる心の充足感は、食事もエンターテイメントの要素が強いことを証明している。

この状況が長く続く限り、外食の在り方は大きく変わることでしょう。
そもそも労働に対しての利益率が少ない業界の構造で、
補償や貸付やテイクアウトやデリバリーで乗り切ったところで、
見える未来は決して明るくないような気がします。
その渦中にいる身として、どの選択がベストなのか考えさせられます。
いずれにしても心だけはポジティブに。








関連記事

  1. 決して逆らうことのできない大きな流れ

  2. 心の豊かさに向かう

  3. 制約があるからこそ

  4. 見えすぎる世界

  5. トレードオフの関係

  6. 備えあっても憂いはある