お店の役割

オープン当初から応援してくれていて、
昔よく来てくれてた常連さんが、
数年ぶりにご来店してくださった。
住む街が変わってしまい疎遠になっていたけど、
幾多もあるお店の中で、こうして覚えていただき、
気にかけてくれる気持ちには感謝しかない。
その分、作るお料理にもきっと念が入る。
互いの近況を話し、励まし合う。
大きくなった、お子さんを見て、歳月の流れを感じる。
小さい子供に「ミークさん」と呼ばれると
微笑ましい気持ちになれる。
そんな人間としての感情が沸々と生まれてくるのは
お店という存在があるからだ。

お店というのは、ジャンルの違いこそあれ、
人と人との関わりが育まれる場所になりうる。
リアルに会って、会話を交わすのと、
オンラインで交わすのでは、やっぱり何かが違う。
リコメンド機能でおすすめされるより、
人からおすすめされた方が親身になれる。
今まさに分断されそうな社会が、やってきているが、
便利や効率を重視するあまり、
生きものとしての身体性感覚を
見失ってしまうのは、危険な気がする。
コロナの影響でお店の存続さえ危ぶまれてる中で
こうして人と人を繋ぐお店の役割の大切さに
あらためて気づかされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

おくゆかしきシンプル

次の記事

ひとつずつ 少しずつ