データを味方に

PayPayがやってるキャンペーンがおもしろい。

宝塚市の対象店舗でお買い物をすると、

条件こそあるけど、購入代金の25%分が戻ってくる。

お客様はもちろんうれしいし、来店動機にもなるから

お店側もうれしいし、今の状況ではとても助かる。

新規客の開拓にキャンペーンをしてるとはいえ、

大きな力の影響力は絶大で、その恩恵を受ける

代わりに購入履歴などのデータを差し出す。

ビッグデータなんて言葉があるけど、

もうすでに検索履歴などから大量のデータを、

グーグルさんやアップルさんに差し出している。

自分の嗜好に合った商品なりサービスを勝手に

おすすめしてくれるから便利ではあるけど、

個人を監視され把握されてると思うと少しゾッとする。

収集するだけして、いつ利用されるかわからないけど、

どうか世の中をよくすることに使ってほしい。

お店ではお客様のデータを参考にすることはあまりない。

どちらかというと感覚や直観を頼りに仕事をしている。

ネットの予約制にしてから、記録が残っているので、

前回いつ来てくれたかなどは参考にしている。

データをうまく活用すれば、もっとお客様のことを知れて

次の道筋が見えてくるかもしれないけど、

まだまだデジタルに馴染めてない世代なもので、

早く詳しくなりたいと思いました。

関連記事

  1. はじめての本づくり

  2. 言葉がつくるイメージに偏っていく無意識

  3. ケーキ作りから学んだこと

  4. 捨てる勇気

  5. SNS化

  6. ひと手間の瑣事