高いのは困りますけど

野菜の値段は季節によって変動する。

業者と安定した値段で仕入れてるのは別として、

飲食店にとったら高くなってる時、とても困ります。

急に高くなられても、お客様に対してメニューの値付けを

急に上げれるわけではない。

分量をケチるわけにもいかないし、値上げにも抵抗がある。

たかが野菜の値段とはいえ、たくさん使えば影響も大きい。

その負担を背負うのは小さな飲食店たち。

農家の人たちも、農作物があまり獲れなっかたら、

一つ当たりの単価を上げざるを得ない。

野菜は天候や自然災害にも、大きく左右される。

そんな不確かな仕事に従事してるのは、

ほんとに尊敬するし、感心する。

スーパーなども、人件費や廃棄量など大変だとは思うけど、

ある程度安定した価格を維持して欲しいと願ってやまない。

野菜だけでなく、お魚やお肉もとれる数が少ないと、

希少価値が上がり、値段はどうしても高くなってしまう。

サプライチェーンのどの産業も、それぞれ悩みはあるけど、

消費者に届けるために、密接に関わり合い努力をしている。

だれのせいとか、だれが悪いとかいう話ではないけど、

深い洞察と配慮と理解があるとうれしいですね。

でも高すぎるのはやめてほしい。

関連記事

  1. 環境で変わる

  2. 新しいプロムナード

  3. やさしいお客さまへ

  4. 素直な嫉妬

  5. コミュニケーションコストを考える

  6. 電話と優しさ