配慮はある方がいい

人はみんな自分のことが好き。

みんなだいたい自分が正しいと思っている。

例に漏れず、ぼく自身もそう思っている。

だからと言って、地球の一員である以上、

他者への振る舞いには気を使います。

配慮や気配りということでしょうか。

周りが見えてない人、自分さえよければいいという人、

老若男女、やっぱりいらっしゃいます。

絶対悪ではない範囲で、わりと迷惑と感じるもの。

人通りの多いところで急に立ち止まる人。

横を通れないくらい微妙に道の真ん中を進んでる人。

次に使う人のことを考えれてない人。

車の強引な運転。はいい車に乗ったおじさんが多い。

マナーやルールを守れない人。

あんまり例が出てこなかったけど、配慮の足りない人は、

他にも身近に例はたくさんあると思います。

お店をしてても、時にそういう場面があります。

価値観の違いと言ったらそれまででしょうが、

そもそも、その行動がよくないことだと知らなければ、

正しようもないので、一方的に責めるのもまた違う。

わかっててやるのはタチが悪いけど、

親の教育や、周りの環境に大きく左右されるのも確か。

世の中にはいろんな人がいます。

心の底から理解できない人が根絶することはないでしょう。

配慮が足りない人に遭遇することがあれば、

1秒でも早く出来事を忘れるようにしています。

大切な自分の時間を相手に奪われないために。

関連記事

  1. 受信力

  2. ひとつだけのお店

  3. 不都合なイメージ

  4. 価値観と感性のあいだ

  5. 食と身体と地球

  6. 終わりは始まり