いそがしすぎる

例えば誰かと食事をする時に、何を食べようか考える。

季節も関係する、気分も考慮する、場所も検討する。

もちろん美味しいものが食べたい。

でもなぜそう思ったのか深く考える人は少ないと思う。

食事をしてどんな気持ちになりたいかなんて。

料理を作る側も、いかに美味しく作れるかに集中して、

相手がそれを食べてどんな気持ちになってほしいのかを

考える人は少ないように思う。

心の変化を察することも大切だと思っている。

公園でのんびり過ごす時間こそ、今の時代においては

とても贅沢な時間だと考えた。

自然を感じ、何気ない会話を楽しみ、

そこに美味しい料理やコーヒーがあったら、

それはとても豊かな時間だと考えた。

最初のノートにミッションとしてこう書いている。

「公園で豊かな時間を過ごしてもらうための

 きっかけづくり。ライフスタイルの提案」

察したつもりだったのに。

理想と現実、想いを伝えるのはむずかしい。

公園は天気にも左右される、季節にも左右される。

それに豊かさを感じる余裕がないほど、みんな忙しそう。

人生のステージは、わりとスケジュールがみっちり。

学生が終われば、すぐに社会人、結婚して、仕事もして

子育てもして、気づけばもう体が動かないなんて。

そんなフル回転の人生はほんとに幸せと呼べるのか。

もっと自分と向き合う期間があってもいいのでは。

そう今の日本の社会に問いたい。

関連記事

  1. 手ざわり感

  2. 成長とはただ盲目に生きること

  3. タイムイズノットマネー

  4. 視座をあげて

  5. 料理との距離

  6. 自分にできること