青春の誤解

生まれた瞬間から否応なく大人になっていく。

知識が増え、ルールを知り、社会の枠にはまり、

透き通った心は、世界を知り次第に濁っていく。

子供の発想力には、大人には到底敵わないくらいの

斬新さと驚きと笑いが存在する。

若い頃の無謀さって、間違ってることがあったとしても

今となっては唯一のエピソードになるし、

自分の物語を構成する大切な一要素になる。

失敗体験から人は学んでいく。

恋愛なんてまさに、他人のことを深く知る作業だから、

傷つき傷つけあってこそ、優しさを知っていく。

年をとるにつれ次第に分別がつくようになり、

選択肢が狭くなって余計に踏み出せなくなる悪循環。

もちろん大人は間違ったことをしてをいけないし、

社会のルールを守らないといけない。

インターネットの情報が増えすぎたことで、

知らなくていいものを、知ってしまうことになり、

評価や承認を気にするあまり動けなくなるのは、

どこか他人を人生を生きてるみたいだから、

自分が望む結果だけを見たらいいと思う。

比べたら比べるほどしんどくなる。

誤解してこその青春、

一度濁ってしまうともう透き通らないから厄介だ。

関連記事

  1. 情報多すぎ問題の糸口

  2. 体を整える

  3. 幸せの共通認識

  4. 多様性とバランス

  5. 表現とは

  6. 名前をつける