納得がいくまで

ひとまずひと段落。

今年はクリスマスセットのメニューを、二週にわたって

組んでいたので、いつもより緊張が長く続いた。

少し贅沢なメニューなので、それなりに気合が入るし、

お客様の期待も大きいから、プレッシャーもその分大きい。

例年のクリスマスは雰囲気が出るように煮込み系を

メインにしていたけど、今回は数が多かったので、

設備的にも時間的にも余裕がないから断念した。

一人でこなせるオペレーションも含めて、

メニュー構成などを考えないといけない。

ただでさえ追い込みすぎる性格で、満足してもらおうと、

たくさん費用をかけ、作りすぎてしまう傾向にあるので、

いかに自分を客観視するかが重要になってくる。

これでほんとに期待を超えれるのだろうかと、

常に自問自答しながら、準備を進めていく。

自分の作業的にやりやすく、お客様にとっての満足との

過不足のない妥協点を探りながら。

それにしても今回は最後ということもあって、

ありがたいことにたくさん注文をいただけたので、

今まで以上にたくさん作った。

メンタルも体力もなんとか整えながら、無事に終えること

ができて、負荷が大きかった分、達成感も大きい。

一息をつく間もなく、おせちの準備が始まる。

クリスマスと正月はなんでこんな近いのかと、

何度思ったことか。

納得がいくまでやりきろう。

関連記事

  1. 人に対して普通という言葉を使うことへの違和感

  2. 適度なプレッシャー

  3. 第三者の視点

  4. 価値が生まれるということ

  5. なぜ人に作ってもらう料理は美味しいのか

  6. いいものは自然とめぐり合う