伝わっている確かさ

再始動を宣言したことによって、お客様からたくさんの

喜びの声と、あたたかいメッセージをいただけた。

もともと自分に自信のない性格で、ずっと迷っていたこと

だったけど、また始めることに抵抗をすごく感じていた。

よく思われてなかったらどうしよう、とか

悪い方向に周りの反応を過剰に意識していた。

ご来店のお客様に少しずつ、こんなことをやってみたいと

思ってると話していくうちに、うれしい反応が多くて

その気持ちが次第に積み重なっていった。

正直、全員の顔と名前は覚えられないけど、

認識できてる範囲外でも喜んでくださるお客様がいて、

その先の家族にまで影響が及んでいることは、

きっとこのテイクアウトという業態である

拡散性ならではの恩恵だと気づくことができた。

自分の仕事の細部が多くの人に行き渡ってるという事実、

もちろんお口に合わない人もいるでしょうけど、

わかる人に届いているということが大切だと思えた。

妥協を許さず、納得のいくまで丁寧に自分の手で作る。

ご予約していただいた人の背景を想像しながら作る。

時間はすごくかかるし、対価も決して見合ったものでは

ないけど、お客様の中の喜びの差異が生まれることを

何よりも優先してきた。

その見えない想いや考えが、きちんと伝わっていたことに

これでよかったんだと思える確かさを感じることができた。

関連記事

  1. 環境が教えてくれること

  2. 価格帯と客層

  3. 心を動かす要因

  4. 人道を考える

  5. 人に対して普通という言葉を使うことへの違和感

  6. いいものを使いたくなる