全集中の時

しんと冷える大晦日前日。

もう5回目となる御節は、まさに今から盛り付けていく。

がんばってる自慢をするタイプではないけど、

量が多くて寝ていたらとても間に合わない。

設備も場所も限られた中で、一度にたくさん作ると、

冷蔵庫に入るスペースがないので、常温での保存になる。

常温と言っても、この時期はほぼ冷蔵庫の温度に近いので、

問題はないけど、なんとなく心理的ハードルは高い。

なのでいつも暖房はつけずに、ドアを開けて

寒空の下、深夜に黙々と作業をすることになる。

明日で今までの最後という一区切りを迎え、

いろんな思い出も反芻しながら、感慨深い気持ちで

過ごしていると、次の未来が楽しみでわくわくしてる時と、

これで良かったのかと反省する時が交互にやってくる。

でも、もう迷ってる場合でないほどに、

時間は迫っていて、いよいよ最後の日を迎える。

とにかく目の前のお料理に集中する。

とにかく目の前のお客様に集中する。

喜んでいただけることを想像する。

そんな単純作業の繰り返しが、たくさんの大きな応援を

いただけたことも肌で感じることができた四年半。

今ある時間を一秒も無駄にせず、

自分が想う気持ちを全力で捧げよう。

関連記事

  1. 思いを馳せる

  2. きれいごとにならないように

  3. 体を整える

  4. 旅は道連れ

  5. 意思を育てる

  6. 学びもタイミング