子供たちの気持ち

公園の前でお店をしていたので、小さな子供たちにも

たくさんお弁当を利用していただいた。

四年半という歳月は、小さな子供にとっては、

ぐんぐん成長するに値する期間で、間近で見ていて

我が子を見るような気持ちで接していた。

さらに、自分のお料理が子供たちの成長の一端を

担ってると思うと、どこか感慨深いものがある。

幼少期はまだ脳も身体も柔らかいので、吸収率が高く、

いろんな物事の影響を受ける感度がとても大きい。

何を教えるか、何を見せたか、何を食べたか、

与えた環境によって、後のアイデンティティを形成する。

何よりも心の純度が高い。

正直、大人に美味しいと言われるより、

子供に言われた方が、嘘偽りないので断然にうれしい。

唐揚げやキッシュは特に受けが良かったし、

同じものを作っても、ここのだけは食べるとか、

はじめてこの野菜を食べれるようになったとか、

純粋な気持ちから出る言葉には胸を打たれた。

閉店をしたことによって、好きでいてくれた

子供たちの期待に応えられないことが何よりの心残り。

閉店のお知らせを聞いて怒ってた、との声も聞いたり、

またお料理を食べたいと言ってくれる子もいたり、

お子さま自らがしたためたお手紙もいくつかいただいた。

いくつもの豊かで贅沢な体験をさせてもらったので、

その純粋な気持ちを糧にして、

また違う形で恩返しができたらいいなと思う。

関連記事

  1. 人と技術と時間の価値

  2. まもなく世界が変わる

  3. 出張料理レポート

  4. また行きたくなるお店とは

  5. この国の美学

  6. 美味しい魔法にかけられて