集まる場所

オンラインが主流になったことで、

偶然の出会いがなくなったと言われている。

パーソナライズされた情報がダイレクトに届き、

効率や合理的なことが優先されていく。

確かに興味をそそるものばかりおすすめしてくれるけど、

意外性のある出会いは失われつつある。

テレビやラジオで急に気になってしまう情報や、

雑談から生まれる新しいアイデアは、

いっけん無駄なものにも見るけど、

感覚や感性が動いた証拠に他ならない。

目的地までたどり着くことが目標の、

高速道路から見える景色と、

歩いて見える景色では気づきも違ってくる。

オンラインが高速道路とするなら、

オフラインである実店舗経営は歩いてる状態で、

無駄で効率が悪くて時間もかかる。

どちらかが正解ということではなくて、

自分に合っている方を選べばいいですけど、

オフラインは混ざるところがおもしろい。

飲食店にかかわらずお店という場所には、

いろんな職種の人がそれぞれに集まる。

この機会というのはとても貴重なもので、

お店側はいろんな情報が集まることで、

偶発性が生まれリアルな現場感を味わうことができる。

でも否が応でも時代はオンラインに移行していき、

人間にとって大事な肌感覚そのもの自体の

受け取り方が変わってくるかもしれない。

これからの価値観がどう変遷していくのか楽しみ。

オフラインの感覚の方がいいに決まってるけど。

関連記事

  1. そこにしかない匂い

  2. 人に対して普通という言葉を使うことへの違和感

  3. 久しぶりの料理

  4. 慣れのよしあし

  5. 気分は自分の期待次第

  6. 時の味わい