環境の影響

年の瀬が近づくにつれ緊張感が高まっていく。

お客様が求める期待を上回ってこそ信頼関係が生まれ、

次もまた注文したいと思ってもらえる。

期待に応え続けることがこの仕事の使命だ。

決して簡単なことではない、必死であれこれと考える。

最近、子供の影響を受けてNiziUをよく聴く。

まだ10代の彼女たちは、どれだけたくさんの人の期待を

背負っているのだろう。

想像するだけで目眩がしそうなくらいのプレッシャー。

メンバーがいるから一人はみ出すこともできない。

周りのサポートこそあれ、同じ時の流れの中にいるとは

思えない圧倒的な努力でファンを魅了する。

笑顔いっぱいに、元気いっぱいに。

比べる余地もないけれど、自分の緊張なんて一時的なもの、

たかが知れているではないか。

環境の影響は大きい。

周りに切磋琢磨している人がいたら、否が応でも適応して

いかざるを得ないから成長のスピードも早くなる。

どこに住むか、だれと過ごすかでけっこう人生は決まる。

送る時間の濃度も変わってくる。

生まれた境遇も大きく左右するけど、自分で選択できるこ

とが多いのも確かで、どこを目指しているかが明確だと

選ぶ精度もより高まっていくと思う。

いい意味でも悪い意味でも人は環境の影響を受けるので、

居心地の良さが時に自分の意志を鈍らせる。

常に立ち位置を確認しながら進んでいくように、俯瞰的な

視点で物事を捉えて軌道修正していくのが好ましい。

でもそれを一人でするのはとてもむずかしい。

同じ目的を持った意識の高い仲間が周りにいると違う。

意識の高さに年齢なんて関係ないはず。

目的を見失わずNiziUの努力を見習おう。

メンバーはいないけど。

関連記事

  1. ゆっくりと

  2. いい人であるために

  3. 返事が遅い人

  4. トレードオフの関係

  5. 時間は買える

  6. 考える時間をつくる