静かな夜

嘘のように静まりかえるお祭りや喧騒のあと。

今年もサービス業としての任務を全うしたイベント事。

うれしいことも、つらいことも、緊張も、不安も、

おかまいなく時間は等しく一定の速度で進み続けている。

日を追うごとに少なくなっていく食材を感じるのが好き。

すっきりしていく感じ。

項目に印をつけて消していくような感じ。

終わったあとの達成感を一人静かに噛みしめる。

事前の準備がどれだけ怖くても、

結果的に意外となんとかなっているのは不思議。

人生もそんな道のり。

これからもきっとそんな道のり。

一秒も無駄にしたくなくて、全力で集中したくて、

不覚にもここに書くことを続けてきたことと、

少し距離をとってみたら気持ちが軽くなった。

自分で決めつけた習慣に、

よくも悪くも縛られていたのかも、と思った。

インプット、インプット、インプット、と

少し追い込みすぎてたかもしれない。

自然発生する言葉も悪くない。

そのほうが本来の感情ものっかる。

そんなにがんばらなくてもなんとかなるから。

一日遅れのサイレントナイト。

嗚呼、パスタが食べたい。

関連記事

  1. 考えさせられた出来事

  2. 大人になってわかる味覚

  3. 見えない時間にこそ

  4. マイペースを見つける

  5. 全部必要な時間

  6. 関係性ディスタンス