わかっていても

人生をよくするためには行動が大事なんてよく言われる。

なんでもやってみること、理論上は正しいと思う。

どれだけ車の乗り方を言葉で説明されても、実際に運転し

てみないと体感としてわからないように。

でもやってみるのはやっぱり怖い。

不意に事故に巻き込まれるかもしれない、命だって危ない。

頭ではわかっていてもできないことってある。

できることなら誰だって安定して穏やかに暮らしたい。

この安定という言葉の解釈を逆説的に捉えている人がいて

はっとさせられた。

それが安定するためのコツとして、自転車で例えられてい

てとてもわかりやすかった。

ひとつは遠くを見ること。

実生活では目標やビジョンのことを指すのでしょう。

ひとつは早く動くこと。

確かに早く動けば動くほど安定する。

たくさん行動して挑戦しようということでしょう。

もうひとつはこけること。

失敗から教訓を得て学べということでしょう。

この例はすごく腑に落ちたけど、実際にできる人はきっと

少ない。

わかっていてもできないこと。

エスカレーターと階段が並んでいて、階段の方が健康にい

いとわかっていてもエスカレーターを使う人の方が多い。

成功や安定って意外と、当たり前に知っていてわかってい

るのにやっていないことを実直にやるだけで、少し近づく

のかもしれない。

関連記事

  1. 覚えている人

  2. 暇な日

  3. 春を歩く

  4. 緊張からの解放がたまらない

  5. 考えて変わっていくこと

  6. アレルギーが教えてくれてること