からっぽになる

大人になってくると知識や経験が増える一方で、先入観や

見栄が重なるように純白だった心の表面を覆っていく。

こうでないといけないや、こうするべきだとか、相手の顔

色を窺ったり、周りからどう思われているかを気にしたり。

この社会に生きている以上、大人ならだれにでも打算的な

一面があることは否めないと思う。

固定観念の外に出るのはとてもむずかしい。

自分にとって普通にできていることが、意外と人から賞賛

されるように、人は当たり前の世界を当たり前だと認識し

ていないから。

若い頃はなんでもできると思い込み、強がっては誰かに何

かを頼ったりお願いすることがとても苦手だった。

その結果それなりに失ってきたものもたくさんあって、そ

こから学べたやさしさや強さもまたあって然り。

決して無駄なことはなにひとつないと思うけど、勉強代に

してはいささか高くついてしまったきらいはある。

歳を重ねて感じるのは、いかに固定観念の外に出れるか。

自分はただのからっぽの入れものなんだと思えるくらいが、

いろんなことを吸収できてちょうどいいような気がする。

わかったつもりにならない、相手を尊重する、違う価値観

を受け入れ相手の意見に耳をすます、謙虚な姿勢こそが大

人のたしなみなのではないのか。

そう考えると料理も同じようなもので、いかにからっぽに

なれるか、自分の存在を消して食材のありままの味を引き

出しつつも、その中でどう自分を表現していくか。

予定も時間も頭の中も、ある程度からっぽのスペースを残

しておくバンラスはとても大切だと思う。

関連記事

  1. ちょっとした不満というか

  2. サステイナブルを目指して

  3. 穏やかにつくる

  4. 時間の質

  5. 学びもタイミング

  6. 経験してないことはわからない