暇な日

飲食店の営業は天気や季節にけっこう左右される。

晴れの日や雨の日、暑い日や寒い日。

不確定要素の多い見通しの立たない商売だこと。

こう寒くては心理的にも人は動かない。

雨の日も、暑すぎる日もなかなか人は動かない。

それでもお店を開けてお客様を待っているのだから、

優しくて辛抱強い不思議なお仕事だこと。

この業界を長年やっていると、ある程度お客様の流れ、

のようなものが予測できるようになってくる。

段取りや準備の量、迎え入れる姿勢などを調整しながら、

おそらくどのお店も日々やりくりしてる。

やっぱりお店が忙しいと大変だけど達成感がある。

反対にお店が暇だと、天候など外的要因で事前に暇だと

わかっていても心はへこんでしまう。

飲食も水商売と言われるくらい、水の流れのように

安定しない業種のうちのひとつ。

それでもこのビジネスが成り立っているのは、

ひとえに相手に喜んでほしいという気持ちが原動力に

なっているからだと思う、みんな。

世間の人気や嗜好に大きく依存していることもあって、

直接的にお客様と接する仕事がほとんどだろう。

とってもとってもいい仕事だと思うのだけれど、

世相的に苦境に立たされていることがなんだか悔しい。

この気づきをもっと上手に伝えれたらと思う。

もっと言葉を尽くして広く届けれたらと思う。

なんだかそんな気持ちが沸き起こる暇な日だった。

関連記事

  1. 街の格差

  2. 名物からの考察

  3. SNSの扱い方

  4. 味の記憶

  5. ぼんやりと不確かさの中で

  6. 観察からはじまる