今日も地球はまわっている

唐突に常連様から、今日で利用するのが最後になる、

と言われた。

その理由を聞けば、転勤でということ。

知ってる人ともう会うことはない不思議な感覚。

世界にはこんなにもたくさん人がいるのに、

生きてるうちに関われるのはごくわずかな人たちだけ。

友人、恋人、夫婦、仕事、家族、様々な関係性の中で、

出会いと別れを繰り返し、みんな歳を重ねていく。

だれかとだれかの人生が互いに交わり、

ひとつになったり、違う方向に進んだり。

そう思うと今お店と関わりのあるお客様は、

偶然のような必然のような貴重な存在。

個人がやっているようなお店は世界にひとつしかない。

基本的に料理はその場で食べるものだから、

実際にその場所に行かないと食べれない。

そのような物理的な制約があるから観光地でないかぎ

りは、いかに近隣の人に利用してもらうかが大事にな

ってくる。

美味しいを大前提に、期待に応えて、時間をかけて、

信頼関係を積み上げていく。

できる範囲で顔や名前を覚えて話の続きをする。

お店をするということはただ料理を作るだけでなく、

相手の人生にも関われるとても人間的な仕事。

とはいえ、とどまる人、流れていく人、

それぞれの人にいろんな理由があって、

目の前の出会いは常に入れ替わっていく。

食事は頻度が多いからひとつひとつを鮮明に覚えてる

ことはないだろうけど、ストーリーとして関係性まで

を含めた背景は確かな記憶。

地球から見れば、小さな点に過ぎないこの街で、

ぼくの人生とお客様の人生が交差したのは、

すごい確率で起きた大切な出来事。

いい思い出になっていると、とてもうれしい。

関連記事

  1. 認識の違い

  2. 嘘がほとんど

  3. レトロアクティブという考え方

  4. 知れば知るほど

  5. 畑から見える現実

  6. からっぽになる