なんにも手につかないとき

やらないといけないことがたくさんある時に限って、なんにも手につかなかったりする。
あまり意味のないショート動画を見させられたり、無駄に居眠りしてしまったり、楽な方へ楽な方へ流されてしまう。
先延ばしにしたところでいいことなんてないのに、後で大変になることがわかっているのに、上手く立ち回れないのがとても悔しい。
そんな感情を抱いてしまうこともさらに負荷がかかっていて悪循環でしかない。
きっと急に暑くなったせいもある。

長く生きているとなぜそんな気持ちになるのかが、ある程度わかってきたようにも思う。
調子のいい時や悪い時は周期的に訪れるし、月や星のせいでもなく、根本的な原因は自分の中にあったりする。
ちょっと分解してみよう。

・何かの締め切りが近い(手続き系)
・緊張に弱い(主に予約全般)
・周りが羨ましく見える(先日の食事)
・単純にやるべきことが多い(マルチタスクをこなせない)
・無駄に忙しい(消耗してる感じ)
・上手く書けない(いつものこと)
・体調管理(これだけは大丈夫)

いろんな弱点が重なり合って無気力が姿を現してくる。
でもこうして分けて考えるだけでも少しは楽になれたりする。
だれだってそんなときはあるでしょう。
自分のことを知るって大事なこと。

関連記事

  1. 納得感

  2. 時の味わい

  3. 月が見える朝に

  4. なぜブラックなのか

  5. お店だってアート

  6. 内発的動機からはじまる