その食事、強風につき

昨日の夕方は事前予約でデリバリーをしていたのですが、ウーバーイーツやピザやファミレスのデリバリーをしている人をよく見かけました。
人間の行動心理として台風の日にデリバリーしたい気持ちはよくわかります。
他にも金土日は特にデリバリーの需要が多そうです。
外に出れない、めんどくさい、疲れている、そんな時に寄り添うのがサービス業の本質です。
そんなところに商売のチャンスがあるのもサービス業のビジネスです。
困ってる人と助ける人の需要と供給がマッチしていれば関係のない話ですが、少しだけ口をはさみたくなりました。
昨日はなんとなく違和感をおぼえながら車を運転していました。
台風の日の自転車やバイクの運転はすごく危険だと思うのです。
配達員のリスクだけが人命に関わっています。
そんな時に営業するお店も問題があると思うのですが、注文するお客様も少し想像力をはたらかせてもいいんじゃないかと思ってしまいました。
台風は前もってくるのがわかっているのに。
配達員の人も休めばいいのに。
それでも何かを護るために働かないといけない理由。
もっと深く考えていけば社会の闇ともつながっていきそうです。
だからこの辺でやめときます。

関連記事

  1. 納得感

  2. どうせなら基準はロックで

  3. そうせざるをえない者たち

  4. 直接会うこと

  5. 美味しいよりうれしい

  6. さらなる配慮を