動きながら考える

お店を閉店してから二ヶ月が経った。

やるべきことを実直に進めながらも、

時間のコントロールがむずかしくて、

有意義に過ごせたかどうか不安になる。

時間は無情にもひたすら進んでいく。

学生時代のように、過ごした時間の成果物が、

お金に変わらないことも、チクチクと心を刺してくる。

果たして正しい道を歩めているのかどうか、

視界の悪い道を手探りで進んでいく。

どうしても締め切りなどの制約がないと、

人間は自分を律することができない弱い生きものだと

言ってしまえば、それはもう立派な言い訳でしかない。

新しいことを始めるにはとても勇気がいる。

お店を始めた頃の写真などを眺めていると、

よくそんなクオリティで始めたものだと、

自分に嫌悪感すら覚えてしまうほどにひどい有り様で、

美味しくなさそうだし、センスはないしで、オープン

当初から応援してくれてるお客様には感謝しかない。

でも、訳も分からず何かを始めた自分がそこにいたことは

確かな事実で、やりながら考え、気づき、改善するを

繰り返してきたことによって今に至っている。

視野も広がり、メニューも増え、認知も高まり、

お客様と共に成長させていただいた。

本を読んでも、旅に出ても、時間を作っても、

意外と目標や目的なんて見つからない。

動きながら、軌道修正してはじめてわかるものでもある。

今を席巻する大企業も始めは違うものを売っていたり、

試行錯誤しながら周りを巻き込んで成長してきた。

論理や経験でわかってはいても、いざ動き出すための一歩が

怖かったりするのだから、まだまだ半人前だなと自覚する。

そう自分に言い聞かすことで少しだけ救われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

再現できないもの